引越し料金比較ナビ【別居や離婚で引越しの見積りをしてもらう場合】

別居や離婚で引越しの見積りをしてもらう場合

夫婦だけで生活をしている状態で引越しをするときには、一緒に暮らしている夫婦で一緒に引越すとは限りません。

離婚や別居が原因で、自分だけが引越すこともあるからです。

曽於場合には、自分だけが荷物をもって引越すことになりますので、どのようにして引越すかを考えなくてはなりません。

離婚が成立して自分が出ていくことが決まっているのであれば、夫がいるときに業者に見積りに来てもらっても問題はありません。

しかし自分が勝手に出て行こうと考えているのであれば、夫がいない時に業者に来てもらって見積りをしてもらうようになります。

夫に秘密で引っ越そうと思っているというのに、業者が見積もりに来てしまえば、夫に出て行こうとしているのがばれてしまうことになるでしょう。

それでは計画通りに引越すことが出来ませんので、見積りに来てもらうタイミングを考えなくてはなりません。

自分だけが引越しをするときには、どこまでの荷物をもって出ていくのかを決めるようにしましょう。

とりあえずの持ち物だけをもって引越すのか、それとも家財道具なども持っていくようにするのかです。

引越し先が決まっている場合には、夫にばれない程度に自分の持ち物を少しずつ持ち運んでいくこともできます。

あまりに早々とたくさんの荷物を移動させてしまうと、夫に感づかれてしまってもいけませんので、ばれない程度に持ち出すようにしましょう。

家財道具をどうするか考えるときには、本当に必要なものかを考えなくてはなりません。

夫婦で暮らしていたときには大きな冷蔵庫が必要だったとしても、一人で暮らすときには、そこまで大きな家財道具は必要ありません。

引越し先がワンルームなどだった場合には、大きな家財道具は邪魔になってしまうだけです。

二人で購入したものだから自分にももらう権利はあると考えるようになりますが、必要ないものをもらっても部屋が狭くなるだけになります。

欲を出してたくさんの荷物を持ち出した方が、新しい生活をスタートしづらくなる場合もありますので、自分にとって本当に必要なものだけを持ち出すようにすることです。

夫に黙って引越すときには、夫にばれないようにするのが大前提です。

荷造りを自分でしているとばれてしまいますので、業者に依頼をして、荷造りも手伝ってもらうといいでしょう。

費用は余分に請求されるようになりますが、引越しを成功させることが目的ですので、目的を達成するためにも、最善の方法で引っ越すことです。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 学生なら学割プランでお得に引越し可能。見積りは事前に複数社へ。

    最近は地方の街にも大学や専門学校、高等学校が充実して来ました。 かつてのように都会の学校に行かないと、就職活動の際にハンディキャップを背負う、という事はありません。 ただ、上昇志向の強い若者にとっては、まだまだ都心部の大学や...


  • 3人家族で引越しする際の見積り方法

    引越しの作業を専門の業者に依頼する際は、初めに見積りを頼むことになるでしょう。 複数の業者に見積りを頼むと料金やサービスの内容が比較できるので、一番お得な引越し業者が見つけやすいでしょう。 料金は荷物を運ぶ距離や荷物の量、家族の...


  • 引越しの見積りで値引きしてもらうための値段交渉

    引越すときには、はできるだけ安い値段で引越したいことでしょう。 安く引越すためには、値段交渉をすることです。 ここで知っておきたいのは、引越しには相場はあっても定価がないということなのです。 時期によって値段も違います...


  • 二人暮らしの引越し料金の見積りはインターネットで探すと便利がいい

    引越しは荷物の量と場所によって料金が変わってきます。 特に一人暮らしや二人暮らしだと、荷物が少ないと思いでしょうが、生活すると、電化製品やタンスなど大きなものが結構あります。 引越しする予定が決まったら、業者に見積りを出してもらいま...


  • 引越しのトラブルのほとんどは見積り料金と破損の補償

    引越しが決まった時に、業者とトラブルになった話は必ずチェックします。 これは、業者の実名を挙げたものであれば見積り業者のリストから削除しますし、トラブルの詳細を知ることで業者との確認事項にもなります。 業者とのトラブルは、大きく...


  • 煩わしい見積り作業が不要、一人暮らしの引越しにおすすめの単身パック

    引越しにかかる費用は、人数や荷物の量、距離などによって様々です。 特に家族の人数が多いと荷物の量も比例して増えるため、料金も嵩むことになります。 一方、一人暮らしの引越しは比較的荷物が少ないため、費用は安く済みます。 かつては...


  • 引越し見積りの上手な断り方について

    引越しが決まったなら、できるだけ早く業者を見つけて引越しの準備に取り掛かりたいものです。 そのためには、一つの業者だけではく、複数の業者に見積りを出すほうがいろんな業者とのサービスを比較できます。 そして、そのなかから安くてサービス...


  • 事務所やオフィスの引越しの見積りの際の注意点

    事務所やオフィスで引越しをおこなう場合、はじめに運送業者に見積り依頼するところからはじめるわけですが、そのとき注意しなければならない点がいくつかあります。 まず1つ目にあげられますのが、事務所やオフィスで引越しの手続きをおこなう場合、...


  • 引越しの見積りにエアコン取り付けを含めておくメリット

    引越しは事前予約が重要です。 引越しの日程が決まっていないと見積りは概算でしか行なわれませんが、日時を明確に決めることができれば、詳細な項目を把握したうえで正確な見積りを行なってもらえます。 大きな家具や寝具は大きさがポイントですか...


  • 土日や平日によっても違う引越しの見積り

    引越し時期には何かとお金がかかるものであり、今住んでいる家で処分するものの費用や新居で必要なものを購入したりと引越し業者に支払う料金以外にもかかるものが多いため、出来るだけ作業料金は抑えたいものです。 そのためにも見積りを出してもらう...


  • 引越しの見積りは電話なしでしたい

    新築のマイホームに引っ越すからとか、転勤で単身赴任をするからとか、人には人生において、さまざまな理由で引越しが必要になることがあります。 そうして、世の中には何回もやっているからすっかり手配に慣れている方もいれば、今まで一度も引越...


  • 引越しの見積り時に散らかっている部屋は片付けや掃除をしておいた方がいいのか

    引越しをするときには、業者に自宅まで来てもらって見積りを出してもらうことが出来ます。 荷物量などを確認して値段が計算されていくようになりますが、見に来てもらうときに部屋が散らかっている場合には、片付けや掃除をしておいた方がいいので...


  • 近距離と長距離の料金面の違い。遠距離のお引越しこそ見積りが重要。

    近距離と遠距離の引越し料金を比較した場合、後者の方が最終的な費用が大きくなります。 これは宅配便の送料と同じ理屈です。 最終的な料金は荷物量だけによって算出されるのではなく、新居への移動距離によって大きく変動します。 同じ...


  • 別居や離婚で引越しの見積りをしてもらう場合

    夫婦だけで生活をしている状態で引越しをするときには、一緒に暮らしている夫婦で一緒に引越すとは限りません。 離婚や別居が原因で、自分だけが引越すこともあるからです。 曽於場合には、自分だけが荷物をもって引越すことになりますので...


  • 引越しで訪問見積りを依頼する時の注意点

    引越しに掛かる費用を知りたい時の方法として、業者に訪問をしてもらって見積りを出してもらうやり方があります。 実際に見てもらってから料金を算出してもらうことができますので正確性のある料金を確認することができます。 依頼する際には注...