引越し料金比較ナビ【引越しの見積りを依頼する時の注意点】

引越しの見積りを依頼する時の注意点

引越しの見積りを依頼する時は、一つの業者に絞ります。

複数の業者が一度に訪問して査定をしてもらうことはできません。

もし訪問日に他の業者がいれば、後から来た業者が別の日に再度訪問し直します。

場合によっては見積りを出すことすら拒否します。

業者の間では先に来た業者に譲らなければならないという暗黙のルールがあり、複数の業者を呼び集めた顧客に大して良いイメージを持ちません。

できるだけ避けたい顧客として、今後理不尽なクレームが出るのではないかと噂されることもがあります。

もしより多くの業者の判断を知りたい時は、同じ日時にならないように注意します。

時間をずらしても訪問日が同じだと、先に来た業者が遅れるなどして予定の時間をオーバーすると、鉢合わせの恐れがあるので、1日以上空けて予定を組みます。

また顧客にとっては業者が来た以上、何としてもはっきりさせたいのが見積りの結果です。

しかし営業マンは作業の特徴や保証の充実度、業界内での評判などを伝えてから料金面の話をすることになっています。

最初に料金の話題を出さないのは決まりなので、業者の気が済むまで宣伝をさせる必要があります。

宣伝方法はDVDやパンフレットなど様々な材料を使うため、時間がかかります。

引越し当日の流れに関しても説明があるので、しっかり耳を傾けると良いです。

業者は荷造りの方法や顧客が引越しまでにするべきことを伝えることで、当日の作業をスムーズにする狙いもあります。

よって料金のことばかり気にして、営業マンの話をあまり聞いていないと判断されると、見積りを出してからはできるだけ訪問を避け、当日までほったらかしにされることもあります。

営業マンが話している時間は、当日の打ち合わせも兼ねているので、信頼できる顧客になるために話を真剣に聞く素振りは見せた方が良いです。

訪問見積りを依頼する時は、引越し先の住所や日時、持っていく物がはっきり決まっていることが前提です。

大まかな料金を算出するのではなく、細かい費用を含めて顧客に提示するので、必要最低限の予定が立っていないと料金が出ません。

日時が決まっていないと、繁忙期かどうか予想することが難しく、持って行く物によって手配するトラックが変わります。

よって相場を知るために依頼するのはマナー違反です。

ただし持って行くものを決め兼ねている時は、訪問した時に処分するかを相談することで、営業マンが丁寧に対応してくれます。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 学生なら学割プランでお得に引越し可能。見積りは事前に複数社へ。

    最近は地方の街にも大学や専門学校、高等学校が充実して来ました。 かつてのように都会の学校に行かないと、就職活動の際にハンディキャップを背負う、という事はありません。 ただ、上昇志向の強い若者にとっては、まだまだ都心部の大学や...


  • 3人家族で引越しする際の見積り方法

    引越しの作業を専門の業者に依頼する際は、初めに見積りを頼むことになるでしょう。 複数の業者に見積りを頼むと料金やサービスの内容が比較できるので、一番お得な引越し業者が見つけやすいでしょう。 料金は荷物を運ぶ距離や荷物の量、家族の...


  • 引越しの見積りで値引きしてもらうための値段交渉

    引越すときには、はできるだけ安い値段で引越したいことでしょう。 安く引越すためには、値段交渉をすることです。 ここで知っておきたいのは、引越しには相場はあっても定価がないということなのです。 時期によって値段も違います...


  • 二人暮らしの引越し料金の見積りはインターネットで探すと便利がいい

    引越しは荷物の量と場所によって料金が変わってきます。 特に一人暮らしや二人暮らしだと、荷物が少ないと思いでしょうが、生活すると、電化製品やタンスなど大きなものが結構あります。 引越しする予定が決まったら、業者に見積りを出してもらいま...


  • 引越しのトラブルのほとんどは見積り料金と破損の補償

    引越しが決まった時に、業者とトラブルになった話は必ずチェックします。 これは、業者の実名を挙げたものであれば見積り業者のリストから削除しますし、トラブルの詳細を知ることで業者との確認事項にもなります。 業者とのトラブルは、大きく...


  • 煩わしい見積り作業が不要、一人暮らしの引越しにおすすめの単身パック

    引越しにかかる費用は、人数や荷物の量、距離などによって様々です。 特に家族の人数が多いと荷物の量も比例して増えるため、料金も嵩むことになります。 一方、一人暮らしの引越しは比較的荷物が少ないため、費用は安く済みます。 かつては...


  • 引越し見積りの上手な断り方について

    引越しが決まったなら、できるだけ早く業者を見つけて引越しの準備に取り掛かりたいものです。 そのためには、一つの業者だけではく、複数の業者に見積りを出すほうがいろんな業者とのサービスを比較できます。 そして、そのなかから安くてサービス...


  • 事務所やオフィスの引越しの見積りの際の注意点

    事務所やオフィスで引越しをおこなう場合、はじめに運送業者に見積り依頼するところからはじめるわけですが、そのとき注意しなければならない点がいくつかあります。 まず1つ目にあげられますのが、事務所やオフィスで引越しの手続きをおこなう場合、...


  • 引越しの見積りにエアコン取り付けを含めておくメリット

    引越しは事前予約が重要です。 引越しの日程が決まっていないと見積りは概算でしか行なわれませんが、日時を明確に決めることができれば、詳細な項目を把握したうえで正確な見積りを行なってもらえます。 大きな家具や寝具は大きさがポイントですか...


  • 土日や平日によっても違う引越しの見積り

    引越し時期には何かとお金がかかるものであり、今住んでいる家で処分するものの費用や新居で必要なものを購入したりと引越し業者に支払う料金以外にもかかるものが多いため、出来るだけ作業料金は抑えたいものです。 そのためにも見積りを出してもらう...


  • 引越しの見積りは電話なしでしたい

    新築のマイホームに引っ越すからとか、転勤で単身赴任をするからとか、人には人生において、さまざまな理由で引越しが必要になることがあります。 そうして、世の中には何回もやっているからすっかり手配に慣れている方もいれば、今まで一度も引越...


  • 引越しの見積り時に散らかっている部屋は片付けや掃除をしておいた方がいいのか

    引越しをするときには、業者に自宅まで来てもらって見積りを出してもらうことが出来ます。 荷物量などを確認して値段が計算されていくようになりますが、見に来てもらうときに部屋が散らかっている場合には、片付けや掃除をしておいた方がいいので...


  • 近距離と長距離の料金面の違い。遠距離のお引越しこそ見積りが重要。

    近距離と遠距離の引越し料金を比較した場合、後者の方が最終的な費用が大きくなります。 これは宅配便の送料と同じ理屈です。 最終的な料金は荷物量だけによって算出されるのではなく、新居への移動距離によって大きく変動します。 同じ...


  • 別居や離婚で引越しの見積りをしてもらう場合

    夫婦だけで生活をしている状態で引越しをするときには、一緒に暮らしている夫婦で一緒に引越すとは限りません。 離婚や別居が原因で、自分だけが引越すこともあるからです。 曽於場合には、自分だけが荷物をもって引越すことになりますので...


  • 引越しで訪問見積りを依頼する時の注意点

    引越しに掛かる費用を知りたい時の方法として、業者に訪問をしてもらって見積りを出してもらうやり方があります。 実際に見てもらってから料金を算出してもらうことができますので正確性のある料金を確認することができます。 依頼する際には注...